ASEEDONCLOUD|Sailing dress(Indigo)Hand embroiledry cloth



ASEEDONCLOUD(アシードンクラウド)の、“Sailing dress”。

今回のコレクションテーマである"巡礼歌"に登場するワンピース。
主人公が島々を巡る際にヨットの上で着用している「旅祈り服」をイメージ。

ヨットに乗っている女性の昔の装いをベースに、ドレスであっても動きやすいよう、
袖元を固定できるようにタスキ掛けに似たラインにテープを通したり、
絞れるようにしシルエットを変え楽しめるようにデザインを加えています。

さらに風の強い時の風避けとしてにも対応できるように、開襟衿にするなどの工夫が施されています。

生地の透け感も無く、一枚で様になる表情豊かな一着です。


<Hand embroiledry cloth>
今回、主人公が祈りの行為として刺繍や刺し子をしているイメージがありました。
この生地は、そんな刺し子をイメージして織られたものです。
国産紡績の綿双糸を使用し、紺地部分は藍染めされています。
レピア織機のドビーによって刺子の柄織りに仕上げられており、
手で刺し子したかのような質感を表現するため、微妙にステッチ幅を変えています。
太さの異なる糸による肌の接地面の少なさから、想像以上に涼しく感じられる生地になっています。



アシードンクラウド セーリングドレス
〔 Indigo 〕 



アシードンクラウド セーリングドレス



アシードンクラウド セーリングドレス



アシードンクラウド セーリングドレス



アシードンクラウド セーリングドレス



アシードンクラウド セーリングドレス



ASEEDONCLÖUD 2024 S/S - Jyunreika

ある島は木々が生い茂りその木々を求めいろいろな渡り鳥が集まる
“旅鳥の町”と呼ばれる島があった

その島の修道士のもとで育った女の子は
色鮮やかな鳥の歌声が大好きだったので木々や鳥達に日々祈りを捧げていた

しかしある日、神のお告げから修道士達は島の木々を切り倒し、
そこに大きな祈りの場を作った

島からは渡り鳥が少しずついなくなり
その代わりに外の世界から祈りの場を求め、たくさんの人々がその島に住み始め
女の子が成人を迎える頃には島から木々はなくなり鳥達もいなくなった

彼女は小さい頃から慣れ親しんだ鳥の歌声を探しに島を出て海に出る
今まで外の世界を知らなかった彼女だが海にはたくさんの小さな島々があり
そこではなくなった自然が残っており鳥達にも再会することができた

彼女は木々の精霊の鳥たちからたくさんの事を学び、歌を習った

自分の島に戻ると祈りの場でその歌声を披露した
歌を聴いた島の人々は自分たちの島から木々や鳥を失ったことを嘆き
自分たちの過ちを悔いると木々が島に戻る努力をするようになった
しかし元の美しい島に戻すのは大変で鳥たちもなかなか戻ってはこなかった

島の人々は再び鳥たちが戻ってくるよう歌が生まれた島々に時折、巡礼に訪れた
彼女の歌は道となり島々の木々に繋がる
今では島は巡礼地の諸点となり彼女の歌が聖地への道になっている

今回はそんな詩歌いの物語


ASEEDONCLOUD
Sailing dress


color:Indigo
size:one size
material:Cotton100%
made in JAPAN

【 one size 】
身幅:61cm
裄丈:49cm
着丈:127cm

※若干の誤差はご容赦ください。
採寸の詳細はこちらをご覧ください。

      

*お取扱いについて*
・タンブラー乾燥はお避け下さい。

▮ other Items
 Indigo
one size
品番 [no241301]ASEEDONCLOUD|Sailing dress(Indigo)
販売価格
45,000円(税込49,500円)
購入数


 8,800円以上で送料無料 『送料660円 (クリックポスト185円)』

 併せて『お買い物ポイント還元』

COLOR
SIZE
 Indigo
one size